趣味まるだし

趣味丸ごと。

フランス旅行中にストライキの打撃を受けまくった話

公開日時:2018/05/23 23:03
カテゴリー: 旅行, 雑記

5/9から5/18までフランスに旅行に行ってきました。3年ぶりです。

今回はアルザスとノルマンディーなどの地方観光が中心。パリは実質1日半くらいしかおらず、プールに泳ぎに行ったのと、友人に会ったくらいで観光はまったくしていません。

旅行記をそのまま書いてもダラダラしそうなので、今回は現在進行中のフランス国鉄(以下、SNCF)のストライキについてです。旅行中はかなり打撃を受けました。

SNCFのストで列車が大幅に減便

今回のストは政策に反対して行われている大規模なもので、今のところ6月末まで予定されています。

ほぼストライキが行われない現状の日本ではイメージがしづらいと思いますが、「明日からストすることにしたからよろしく」と突発的に行うわけではなくて、「いつからいつまで、この日とこの日に実施します」というように事前に日程を決めて行っています。

大体一週間のうち2~3日のようです。また、間引かれる列車も「一応は」事前に決まっていて、切符の予約をする場合にも、運行予定のない電車の分はそもそも買うことができません。

SNCFストライキの実施予定表

SNCFストライキの実施予定表。赤い日が実施日。SNCFウェブサイトより

「一応は」としたのは、運行直前になって変更される可能性もあるからです。SNCFはそのためにウェブサイトに情報を乗せたりして情報を提供しているほか、駅内に数名のサポートを配備して、乗客の対応に当たらせていました。

僕はほぼすべての切符をあらかじめ日本で買っておきましたが、減便されているので、そもそも移動の予定を組むのに苦労しました。

列車のドタキャン

旅の前半はほぼ問題はありませんでした。スト実施日でもあらかじめ予定されていた便は運行していましたし、特に大幅な遅延などもありませんでした。

問題は、旅の終盤、ノルマンディー地方での移動で起きました。ルーアンという都市からカンという都市へ移動しようとしたときです。

ノルマンディー地方、ルーアン、カンの地図

この移動の時に問題が・・・(表記がカーンになってますが、カンのほうが近いと思います)

予定していた列車は朝10時発でした。駅に着いたのは9時半ごろなのですが、発車予定の電光掲示板に自分の列車が載っていませんでした。

その場にいたサポート駅員に聞いてみると、なんと列車はキャンセル・・・。前日に決まったのでドタキャンですよ。まさかそんなことになるとは・・・という気が一瞬しましたが、駅員曰く、駅前から出る長距離バスに乗れということでした。振り替え輸送ってやつですね。

で、掲示板をよく見ると、そのバスの発車時刻は9時ごろ。すでに30分経過したので、どうやらこちらも大幅に遅れているようでした。

お分かりですね。バスが遅れていたおかげで事なきを得ましたが、もし定刻で発車していたら、僕はそれに乗れず、次の列車かバスまで数時間以上待たされる羽目になっていました。よもや遅延に救われるとは・・・。

10時の列車が9時のバスに変更になったことについては、切符購入者にも特にメールで通知が来るとかということはありません。まさかそんなことになるとは思っていなかったので、特に確認していませんでしたが、本来は前日にウェブサイトなりで自分で確認しなければいけないようです。

高速バスの図

高速バスで移動することになった

ちなみに、このキャンセルや遅延で駅員に怒鳴り散らしてるような人はいませんでした。みんなうんざりはしているようでしたが。ま、よくあることなので仕方ないって感じですかね。

バスはその後もなかなか現れず、最終的に発車できたのは9時50分ごろ。列車の切符(僕の場合はアプリ上の電子チケットでした)を見せて無料で乗車しました。振り替えなんですから当たり前ですね。幸いにも、到着時刻は本来の列車での移動とそんなに変わりませんでした。

ストの時は前日確認を

僕はフランス経験は割とあるほうなのですが、ここまでストが自分の移動に直撃したのは初めてでしたが、最終的に旅程には差し支えることがなかったのが幸いでした。

今回に限らず、SNCFのスト中にフランス国内を移動される方は、例え切符を予約してあっても、前日にウェブサイト等で確認することを強くお勧めします。

SNCFストライキ情報

おまけ写真

カンはカルバドスの都市。カルバドスと言えばお酒ですね。今回こんなものを購入。

ル・ジン カルバドス・カスク・フィニッシュの写真

ル・ジン カルバドス・カスク・フィニッシュ(Le Gin de Christian Drouin, Calvados Cask Finish)

カルバドスで使用されるリンゴを使用して作られたジン、ル・ジン。日本でも人気のあるジンですが、それのカルバドス・カスク・フィニッシュです。その名の通りカルバドスの樽で仕上げられたものです。さらに香りがよいようです。