趣味まるだし

趣味丸ごと。

SONYのアクションカムFDR-X3000を買いました&試しました

2018/01/27 16:00
カテゴリー: SONY FDR-X3000

スキー用にSONYのアクションカム、FDR-X3000を購入しました。最近ちょっと散財し過ぎですね。

SONY FDR-X3000

SONY FDR-X3000。60m防水のケースも付属しています。

アクションカメラだとGoProが有名ですが、最近はSONY製品の評判が良く、勢いが完全に逆転している状態。GoProはドローン事業からも撤退し、会社自体も身売りを検討しているということです。アクションカメラというジャンルを切り開いたパイオニアではありますが、中華製品の価格や日本製品の性能の前になす術もないんでしょうね。残念です。

このFDR-X3000の最大の利点は空間手ブレ補正と4K撮影。シリーズの一個下にFDR-AS300というモデルもあり、そちらは空間手ブレ補正は搭載していますが、撮影解像度がFHDまでになっています。また、それぞれに液晶付きのライブビューリモコン付属のモデルも存在します。今回はリモコンなしの最上位モデルを購入しました。

録画時間は64GBのMicroSDでだいたい2時間10分程度。4Kですので性能のいいMicroSDが必要です。僕は東芝のものを購入しました。

ヘルメットサイドマウントも同時に購入。これで手ぶらで撮影できますね。

ヘルメットサイドマウント

ヘルメットサイドマウント。少々重くなるのが若干気になりますが、すぐ慣れます。

実際にヘルメットに装着して撮影した様子がこちら。

 

ちょっとヘルメットの一部が映り込んでしまっていますが、手ブレ補正がかなり効いており、滑らかな映像になっているのがわかると思います。何も補正がないとガタガタになりますし、電子手ブレ補正のみだとぐにゃぐにゃの映像になりやすいシーンです。

録画時には3カ所(防水ハウジング使用時には2カ所)のLEDが発光して録画していることがわかるようになっていたり、電源操作時や録画開始・終了時には音が鳴るのですが、ヘルメットに装着しているとLEDは見えませんし、操作音は音量大でも聞き取れないことが多く、現在録画しているのかどうかがいまいちわからないのがネックです。ヘルメットに装着して利用するのがメインな方はライブビューリモコンがあったほうが便利だと思います。リモコンの新モデルは単品で販売していませんので、初めからセット品を買いましょう。

まだ一度使っただけですが、画質、手ブレ補正にはとても満足です。また何か撮影したら載せるかもしれません。