ZTE AXON 7 を購入しました。

2017/12/03 00:13
カテゴリー: ZTE AXON 7

ZTE AXON 7

ずーっと悩んでいたNexbit Robinの次のメイン端末。悩みに悩んだ末でZTEのAXON 7を選びました。初めての中国メーカー製。1年前に発売されたものですが、スペックが高いためまだまだ活躍できる端末です。

AXON 7を選んだポイント

  1. キャリアモデルじゃない
    うざい羊とか、テレビとかいらんから。
  2. 海外モデルでもLTE B19対応
    希少
  3. あんまり高くない
    高いのってたしかに欲しくなるけど、7万・8万なんてさすがに出せないので。
  4. でもスペックは高い
    がまんする道も探したけどやっぱりそれなりのパワーは欲しい。
  5. できればちゃんとアップデートされているものがいい
    少なくとも今年の夏までは更新があった
  6. iPhoneに似てなくて、それなりに個性のあるデザイン
    一番重視したかも。ぱっと見iPhoneっぽいのだけは絶対ナシ。
  7. デュアルフロントスピーカー
    なきゃないでいいけど、Robinで良さを実感したので。

デザインに関しては、BMWのデザインチーム(?)が手掛けているらしいです。その割にはそこまでかっこよくはない。まあ妥協点です。とにかく「iPhoneっぽい」のだけはイヤ。

はじめてのGearbest

今回は初めて中国のGearbestで購入。DHLの送料込みで27,528円。DHLと言えば5年前にこんなことがありましたが、特に問題もなく、数日で届いてくれました。日本では50,000円くらいする端末なのでかなりお買い得でした。ちなみにGearbestで購入できるモデルは技適対応ですので、日本でも問題なく使えます。

購入して到着を待っていたらこんなニュースも飛び込んできました。

Google、スマホ向けVR HMD「Daydream View」国内発売 1万2000円 ITmedia

AXON 7も対応機種なのでそのうち試してみたいと思います。

システムアップデートのこと

さて、セットアップを終了した段階でAndroidのバージョンは6。Android 7までアップデート可能なはずなのでシステムアップデートをしようとしたのですが、すでに最新版だといわれてアップデートできない。何とかならないかなーと思ったのですが、どうやらOTAアップデートではなくてもパッケージから手動でアップデートできるようでしたので、XDAから落としてきました。

[DOWNLOAD CENTER] [A2017G] Factory – OTA – TWRP images – Tools – Files – Threads – XDA Developers

適応できたのはA2017G-N-B04 (australian)。で、これを適用するとビルドはZTE A2017GV1.2.0B04に。Androidは7.1.1。ただし、Androidセキュリティパッチは2017年3月。オーストラリア版と日本版が共通のためか、技適表示も無事。

もう一声!ということで、今度はA2017G-N-B08 (germany)を適用してみました。結果、ZTE A2017GV1.2.0B08になり、セキュリティパッチは2017年10月まで進められました。上出来です。が、予想はしていましたが技適表示は消えました・・・。おそらくオーストラリア版しか技適表示がないと思われるので、一個前のB04でやめておくのをやめておくのをお勧めします。

 

いまさらな端末ではあるので、使った感じは気が向いたら書くかもしれませんが、フロントデュアルスピーカーはかなり良い感じです。

タグ: , ,