趣味まるだし

趣味丸ごと。

その「へ」って要る?

公開日時:2016/01/15 00:52
カテゴリー: 雑記

今更ですが、あけましておめでとうございます。本年もなにとぞ、ご贔屓ご鞭撻のほどを。

さて、今日はごくごくくだらない話です。

ガジェットの速報系ブログを読んでいると、こういう見出しがよくあります。

「なになに社、○月☓日に○○をリリースへ」
「どこどこ社、○月☓日に発表会を開催へ」

・・・この最後の「へ」っていらなくね?っていうだけの話です。

「なになに社、○月☓日に○○をリリース」
「どこどこ社、○月☓日に発表会を開催」

じゃダメ?これで通じるでしょう、普通。なんでわざわざ「へ」をつけるんでしょうか。

一つ考えられるのは、「『へ』が無いと過去形に見えなくもない」ということ。上記の例だと、

「なになに社、○月☓日に○○をリリースした」
「どこどこ社、○月☓日に発表会を開催した」

の「した」が落ちたように見える。でもやっぱり日付が未来だから誰も過去のこととは思わないと思うし、そう思われそうなら「リリース予定」とか「開催決定」とかでいいと思うんですが、なんで「へ」?

そもそも、格助詞の「へ」は「移動の到達点」で、原則として「山へ」「未来へ」のような、空間的・時間的な移動を伴う場合に使うものだから、「未来の出来事」には使えないと思いますし、「へ」の後には移動の動詞が来ることができる、ということが前提になっています。で、この「リリースへ」「開催へ」の後にはどんな動詞が想定されてるんでしょうか?

多分何も想定されてないですよね。想定してないんだったらなくてもいいんじゃね?ってのが僕の意見です。別に「へ」がついてようが良いんですが、なんかモヤモヤしたので、記事にしました。

タグ: , ,

コメントする

お返事遅れることがあります。急ぎのご質問等はTwitterの@jucius0へどうぞ。