PureView頂上決定戦 その3

2016/12/31 23:00
カテゴリー: Nokia

PureView カメラ

今回で最後です。前回の記事はこちら前々回はこちら

写真は上から808PV、120、1520、950XL。

等倍比較

等倍比較

イルミネーションが白くならずにきれいに出ているのは950XL。ノイズも少ないですね。暗所に暗いはずの808PVが検討していて思いの外きれい。1020は細部が潰れぎみで1520はノイズが多いですね。

屋内接写

等倍比較

等倍比較

明るさ、色味ともにバランスが良いのは950XL。お昼のオフィスの感じが一番出てます。ディテールもよし。808PVは少し暗く、意外にノイズが乗ってます。1020は温かい色味、逆に1520は寒い感じになっちゃってますね。

料理接写

等倍比較

等倍比較

950XLはフォーカスの位置が若干奥にずれてしまっているので等倍の比較でぼやけて見えますが、一番美味しく見えますね。808PVは少し寒い。1020はソースの色が青白く、なんだかよろしくないものがかかってるみたい。1520はここで面目躍如。若干くすんでいる感じはしますが、バランスは取れてると思います。

総括

まずは結果から!

  1. “ザ・ラストエンペラー” 950 XL
  2. “ザ・レジェンド” 808PV
  3. “ザ・モンスター” 1020
  4. “ザ・ジャイアント” 1520

というわけで1位は950 XLでした!

950XLは非常にバランスが取れた画に仕上がります。もうそれが全て。PureViewカメラは得意・不得意があるので、どのシーンもこれ一台でOK!ではないのですが、それでも950XLはおおよそどのシーンでもきちっとした画になります。惜しむらくは色が寒くなりがちで場合によってはシャープが強すぎなところ。評価に入れてないですが、カメラ起動が早いのとHDRが気軽に撮れるのは魅力。

808PVはさすがのセンサーサイズで、細部の描写が圧倒的です。苦手なはずだった夜の写真でも綺麗に撮れていました。4年前の端末で未だに最近のものと張り合えるのは驚き。ただ、色が寒くなりがちなのと、手ぶれ補正を一切搭載していなのので、集中して撮らないとブレるでしょう。あと、カメラの機能が少ないのが難点。

1020と1520はどうでしょう。

1020は綺麗なんですが、どうしてもオートの場合だと色味に課題が残る感じでした。課題と言ってももう解決はされないんですけどね。あと手ブレ。OIS積んでない808PVよりもブレます。撮影時にはProモードにして少しWBをいじってやる必要がありそうです。こちらも評価基準に入れてませんが、カメラの起動が遅いのも厳しいです。Win10になってから更に遅くなりました。5秒以上待たされます。ただ、デュアルキャプチャーは本当に楽しいんですけどね。

1520は、単体で写真を見れば十分綺麗なのですが、どうしても他の3機種と比べると見劣ってしまうシーンが多かったです。バランスの良い画を見せてくれるときもあるんですけどね。ただ、僕のものは中身を開けたりしているので本来の実力が出ていない感じもしますし、Win10になってから多彩な撮影ができなくなってしまった不遇な端末なのです。

 

以上、PureViewカメラ頂上決定戦でした!今回のは個人的な意見なので、もしかしたら「俺は1020の色味のほうが好きだ!」とか色々な意見があるかもしれませんね。それはそれでいいのです。みんないい端末なので!

冒頭で触れたとおり、PureView機はもう出ないんじゃないかなーと僕は予想しておりますが、もし万が一後継機種が出たら、改めてテストしてみたいです。

今回の写真と、低解像度版(実は撮ってた)を含めたものをFlickrに上げてありますので、ご希望の方はそちらでも見てみてください。

PureView Camera Comparison / Flickr

年内に間に合ってよかった!良いお年を!