ノルウェーに行ってきました 2 スタヴァンゲルとプレーケストーレン

2016/07/04 23:34
カテゴリー: 雑記

前回の記事はこちら

夜行列車でスタヴァンゲルへ

夜行列車

スタヴァンゲル(Stavanger)はノルウェー南西部の街です。オスロからは列車で8時間。もしくは飛行機国内線で。僕は夜行列車で行きました。

ノルウェーの列車は日本からでもNSB(ノルウェー国鉄)のサイトで予約できます。出発の前日までであれば割引価格でも購入できます。ただしその場合には変更やキャンセルはできません。便によっては大幅に割り引かれるので、予定変更しなそうなら使ってみましよう。発行される認証番号を使って、駅内にある券売機で発券します。発券後の刻印等は不要です。

夜行列車に乗り込んで食堂車に行くと係の人がいますので、名前を言って切符を見せるとルームキーがもらえます。あとは部屋で自由にくつろぐことができます。オスロ – スタヴァンゲル便の場合、割引を使えば15,000円以下で一部屋専有できますので、非常にお得です。ベッドは当然狭いですが寝心地は悪く無いですよ。

寝台車

寝台車っていいですよね。

スタヴァンゲルの細かい案内はガイド等をご覧ください。

スタヴェンゲル旧市街

白い木造家屋が特徴のスタヴェンゲル旧市街。

スヴェッド・イ・フィエル

スヴェッド・イ・フィエル。結構スタヴァンゲル市内から離れているので行くときはご注意。

プレーケストーレン

プレーケストーレン(Preikestolen)は世界の絶景観光地案内で必ず出てくる場所です。スタヴァンゲルを拠点にして行くのがよいでしょう。

スタヴァンゲルからプレーケストーレンへの道

スタヴァンゲルからプレーケストーレンへの道

スタヴァンゲルからフェリーでタウ(Tau)へ渡り、そこからバスで登山口まで。登山口からは徒歩で頂上まで向かいます。所要時間はフェリーが40分、バスが30分、登山がおよそ2時間~2時間半です。全料金込みのツアーを申し込むか、フェリーとバスの料金をそれぞれ支払って行くことになりますが、いずれもルートは同じです。僕は個別に支払って行きました。

フェリー

フェリー。車とかバイク、自転車も一斉に乗り込んでいくのが面白いです。

フェリー乗り場に行くと係の人がいて、タウからのバス(フェリーではありません)の料金を支払うことができます。バスの運転手に直接払うよりも安くなるみたいです。レシートをくれるのでバスの乗車の時に見せればそのまま乗ることができます。帰りも使いますからなくさないように。で、このプランの場合、乗り込むのは緑のバスです。白いバスはツアー用。料金は往復で175NOK(約2275円)。

フェリーに関しては直接船内で精算。乗船すると係員が回ってきますので支払います。片道52NOK(約676円)。

フェリーとバスの時刻表。

フェリーとバスの時刻表。

肝心のトレッキングですが、部分的に岩場をよじ登る感じのところはあるものの、全体的にそれほどきつくないと思います。ただし、滑ると危険なところがたくさんありますので、トレッキングシューズは絶対に履いて行きましょう。また、登山中は暑いですが頂上は風があったりして寒いので、上に羽織るものも持って行きましょう(6月中旬時点)。水分、軽食、雨具なども忘れずに。

プレーケストーレンからの眺め。

全てを乗り越えればこの景色です

水面から604mの一枚岩

水面から604mの一枚岩

プレーケストーレン

スケールがでかすぎるからか、あんまり怖くなかったです。

当然落ちたら死にますので端っこに行く際はお気をつけて。

つづく

タグ: ,