HTCがDesire EYEを日本市場へ投入。でも・・・

2015/10/01 15:54
カテゴリー: HTC Desire EYE

Desire EYE

HTCが発表会を開催し、HTC Desire EYEとHTC Desire 626を発表しました。

HTC、SIMフリースマホ「HTC Desire EYE」「HTC Desire 626」を日本投入――10月中旬に発売

その中でも僕も愛用しているDesire EYEについて。
入手記事はこちらをご覧ください。

最近ASUSもZenfone Selfieを日本に投入したので、それにぶつけてきたのでしょうか?ASUSのほうが先に思われそうですが、10MPオーバーでDual LEDフラッシュ付きカメラをフロントに搭載したのはDesire EYEがだいぶ先です。

僕も台湾版を毎日使っていますが、なかなかいいですよ。手に馴染んで扱いやすい。

セルフィーはもちろん綺麗に撮れますが、フロント単体よりも、前面と背面での同時撮影が楽しいです。
ここでセルフィーの作例は載っけませんが、人以外でも、こういった使いかたができます。

Desire EYE写真サンプル

橋の上から川の上流と下流を同時に撮影。左がメイン、右がフロント。HTCのカメラなので画質はご愛嬌。

それはさておき、今回の発表で気になったのが価格。5万2800円(税別)です。高い!というのもこれ、グローバルでは1年前にリリースされた端末です。
たしかに当時としては性能もよく、価格も6万円以上していましたが、1年後に税抜きで5万円超えは高い・・・。現役でバリバリ使えるとはいえ、高くても4万円代中盤か後半に抑えるのが妥当だと思います。Zenfone Selfieにぶつけるならなおさら。僕は中古で3万円台後半で手に入れました。

参考になるかもしれないので、Antutu Benchmarkのスクショを貼っておきます。

desire EYE AnTuTu画像

Desire EYE AnTuTuスコア。Galaxy S5を少し下回る程度。そう考えるともしかして適正価格?

HTCは面白い端末を出しますし、日本で端末を投入するということは、今後Windows Phoneが出る可能性があるので歓迎ですが、おそろいが増えるのは、ちょっと嫌だなぁ。

HTC公式製品情報