Lumia 1520の画面を修理しました その1

2015/02/06 23:40
カテゴリー: Nokia Lumia1520, Windows Phone

先日の記事のとおり、Lumia 1520を落としたら液晶がおかしくなりました。一週間前に注文していた画面パーツが届きましたので、早速付け替え作業を行いました。

ひどい有様。

ひどい有様。

このような箱で届きました。

このような箱で届きました。

今回はeBayのこちらのセラーから購入しました。すぐに発送してくれましたし、届いたものも良かったのでお勧めです。

内容物はこちら。液晶本体とリペアツール。丁寧に梱包されていました。

内容物はこちら。液晶本体とリペアツール。丁寧に梱包されていました。

液晶の裏側。

液晶の裏側。

ツールは、写真にはいっぱい写っていますが、実際使ったのは青いギターピックのようなオープニングツールと、吸盤、T5ドライバーのみです。あともう一つ、ヘヤードライヤーを用意します。ノリで接着されている箇所が多々あるため、それらを温めて粘着力を弱くし、取り外しやすくします。ピンセットはなくてもなんとかなりました。

また、今回はこちらの動画を見ながら行いました。

作業の流れとしては、元々の画面パーツに付いている部品を全て外し、それらを新しい画面に移植することになります。今は画面を中心にパーツが付いているので、このような流れになるんですね。

まずはSIMとMicroSDのトレイを取り外します。

まずはNanoSIMとMicroSDのトレイを取り外します。

オープニングツールで画面を浮かせます。

続いて、ギターピックのようなオープニングツールをガラスと本体の隙間に差し入れ、テコの原理で画面を浮かせます。ぐるっと一周。

付属していた吸盤を使って画面をバコッと外します。

付属していた吸盤を使って画面をバコッと外します。黄色いカバーは脇へ。

画面をひっくり返し、黒いシール部分に温風を当てて温めます。

画面をひっくり返し、黒いシール部分に温風を当てて温めます。

ゆっくりと剥がしていきます。また使うので破らないように。

ゆっくりと剥がしていきます。また使うので破らないように。

シールが剥がれました。

シールが剥がれました。

続く >>