OLYMPUS SP-100EE

2015/01/13 00:54
カテゴリー: OLYMPUS SP-100EE

最近、近所でメジロを頻繁に見かけるので写真を撮りたかったのだけど、鳥撮りは手持ちのLumiaたちではほぼ無理。

というわけでデジカメを購入することに。これまでフィルムカメラと携帯のカメラしか使ったことがなく、デジカメは人生初めて。予算は2万円程度で・・・と思っていたところ見つけたのが、OLYMPUSのSP-100EE。Amazonでは現在26,000円程度。手元に8000円分のAmazonギフト券があったので、これをフルに使って、18,000円で購入。

OLYMPUS SP-100EE

これがOLYMPUS SP-100EE。ネオ一眼系。

ネオ一眼と言われることもある、高倍率ズームを売りにしたコンデジ。1600万画素、1/2.3 CMOS、24~1200mm、開放値W2.9~T6.5というスペック。極小センサーですが、だからこそできる50倍ズーム。そして、この機種の一番のウリは、デジカメとして初めてドットサイト照準器を内蔵しているところです。シャッターしたの赤っぽい窓がそれ。これを使うと、超望遠時でも被写体を素早く補足することができるという優れもの。細かい話は公式サイトで。

試しに撮ってみたのがこちら。

昼の月の写真

昼の月

富士山の写真

富士山。杉並区から撮影。これでも1200mmまでは寄ってません。ディテールは厳しいですが、上出来。

メジロの写真

メジロ。これが一番良く撮れてます。

スズメの写真

スズメ。くちばしが少し黄色いので今年生まれたやつっぽい。

画質は正直、細部も潰れているしLumiaにも劣りますけど、このズームは快感ですね。これまで携帯で撮影していた際のもどかしさが解消されてスッキリしました。そしてドットサイト照準器の威力で、鳥がファインダーから外れてもすぐに捕捉し直せます。これはほんとうに素晴らしいです。

ズームの必要がなく画質重視のときにはLumia 1020で望遠はSP-100EEと、使い分けていくつもりです。

以上、SP-100EEの簡単な紹介でした。